access
access ランニングコストを計算する | 太陽光発電設置で得した私が教える賢い選び方

ランニングコストを計算する

MENU

人気閲覧ページ

ランニングコストを計算する

太陽光発電 ランニングコスト

 

ここからは、実際に太陽光を取り入れた私が、
取り付け前に考えて調べたことをお教えします。
この段階でうまく折り合いがつかなければ、あきらめることも考えていました。

 

 

まず初めにしたこと

まずはランニングコストを計算するところから、
太陽光発電導入への取り組みが始まりました。

 

この計算如何によっては、つけないでおこうと思っていました。
正直、「光熱費が浮く」というのが一番大きな利用だったからです。

 

 

では調べた結果はどうだったのでしょうか。

 

ランニングコストを計算してみた結果として言えるのは、
結局のところ「ランニングコストは必要ない」ということです。

 

つけたらつけっぱなしで、長期間メンテナンスは必要ありません。
つまり、ゼロということになります。

 

 

ランニングコストはかからない?

ただしこれは、10年~15年くらいの話です。

 

メーカーの保障期間が10年が目安ということもありますが、
それを過ぎると器材が痛んだりチェックが必要になることもあります。
そのときの費用は、一概には言えませんが25万~35万円程度くらいでしょう。

 

太陽光発電 ランニングコスト

なお、総取替え、もしくは天災などで極端に痛んでいる場合は、
100万円程度と多額の費用がかかります。
ただし今は太陽光設備のレベルもあがっているため、
ここまで大きな取替えはそうそう必要ないでしょう。

 

むしろ既存の住宅に取り付ける場合は、
屋根や家の傷みの方を考慮するべきです。



 

 

私も実際にやった3つのステップでお得な太陽光発電生活♪

太陽光

 

太陽光発電について勉強する

太陽光

まずは、太陽光発電について、ある程度勉強をしましょう。

専門家並に勉強する必要はありませんが、

知識がないと、業者の方の話も理解できないですし、

自分のニーズと合わない工事になることもあります。


太陽光発電の基礎知識は下記で学べます。

『太陽光発電の基礎知識』

 

 

複数の業者に見積もりをとる

太陽光

一通り、知識を学んだと言っても、いきなり業者やメーカーを決めてはいけません。

タイナビなどの無料の一括見積もりサービスで、

必ず複数の業者に見積もりを取っておきましょう。

1社、2社だけで決めてしまうと、絶対に損をしてしまうので、要注意!


見積もりを取るときのポイントは下記ページをチェック

『私がオススメする簡単、お得な見積もり方法』

 

 

見積もりを比較し、業者を選ぶ

太陽光

各業者から見積もりが取れたら、いよいよ業者を決めていきます。

金額だけでなく、総合的に優良な業者を選んでください。


正しい業者の選び方は下記で紹介しています。

『優良な設置業者の選び方』

 

 

 


太陽光発電


ソーラーパートナーズ


※管理人のオススメする完全無料一括見積もりサービス。
※『タイナビ』と『ソーラーパートナーズ』の違いは
コチラの記事をチェックしてください

 

 

 

ランニングコストを計算する関連ページ

故障事例を調べたい
設置方法はどんなもの?
何kwのせる?