見積もり価格を比較検討するときはどこをみる?

MENU

人気閲覧ページ

見積もり価格を比較検討するときはどこをみる?

太陽光発電 価格

 

見積書に書かれてくるのは、大体以下の通りです。

・ 太陽電池の価格/品番
・ パワーコンディショナーの価格/品番
・ 付属機器の価格/品番
・ 設置架台の材料費
・ 各種とりつけ費用

 

 

どこを見る?

見積価格を比較検討するときはどこをみる? という問題ですが、
ここまでしっかりした「金額」がでているなら、
見るべき点はただ一点、「価格」だけです。
これ以外に見るべき場所はありません。

 

ただしこれは、「見積もりをとるときのポイント」で紹介した、
「業者の商品紹介をみるとき、どこに注目するか」をちゃんと把握した上での話。
価格が安くても変換効率が悪ければ、期待以上の効果は見込めないからです。

 

 

まとめ

つまり見積価格を比較検討する段階に行く前に、

 

 

 そのメーカーの効率を把握しておく

 

 信頼度の高さや低さもあわせて確認する

 

 最初はサイトで比較し、次に業者に出してもらう

 

 価格と効率を計算する

 

ということが必要になる、ということです。

 

太陽光発電 業者

これは結構面倒なことですし、時間もかかります。
「もうはじめに頼んだところに、
全部任せてしまいたい......」、
と思ってしまうこともあるでしょう。

 

しかし太陽光発電装置とは、
最短でも10年、長ければ40年以上も
付き合っていくのです。
初めの段階で妥協してしまっては、後々まで後悔が残ります。
心行くまで精査し、納得いくまで調べることが何よりも大切です。



 

 

私も実際にやった3つのステップでお得な太陽光発電生活♪

太陽光

 

太陽光発電について勉強する

太陽光

まずは、太陽光発電について、ある程度勉強をしましょう。

専門家並に勉強する必要はありませんが、

知識がないと、業者の方の話も理解できないですし、

自分のニーズと合わない工事になることもあります。


太陽光発電の基礎知識は下記で学べます。

『太陽光発電の基礎知識』

 

 

複数の業者に見積もりをとる

太陽光

一通り、知識を学んだと言っても、いきなり業者やメーカーを決めてはいけません。

タイナビなどの無料の一括見積もりサービスで、

必ず複数の業者に見積もりを取っておきましょう。

1社、2社だけで決めてしまうと、絶対に損をしてしまうので、要注意!


見積もりを取るときのポイントは下記ページをチェック

『私がオススメする簡単、お得な見積もり方法』

 

 

見積もりを比較し、業者を選ぶ

太陽光

各業者から見積もりが取れたら、いよいよ業者を決めていきます。

金額だけでなく、総合的に優良な業者を選んでください。


正しい業者の選び方は下記で紹介しています。

『優良な設置業者の選び方』

 

 

 

タイナビ

太陽光発電

 

ソーラーパートナーズ

太陽光発電と蓄電池の比較・一括見積サイト ソーラーパートナーズ


※管理人のオススメする完全無料一括見積もりサービス。
※『タイナビ』と『ソーラーパートナーズ』の違いは
コチラの記事をチェックしてください