access
access 何kwのせる? | 太陽光発電設置で得した私が教える賢い選び方

何kwのせる?

MENU

人気閲覧ページ

何kwのせる?

太陽光発電 kw

 

「何kwのせる?」ということです。
現実的な数字と理想的な数字をみていきましょう。

 

太陽光発電における「kw」は、発電量のことを言います。
似たような言葉である「1キロワット時(1kw/h)」は、
「1時間で使用された電力量」のことを指します。

 

kw 発電量
1キロワット時(1kw/h) 1時間で使用された電力量

 

 

当然、発電量である「kw」が大きければ大きいほど、
「よく発電し、儲かる」ということになります。

 

 

よくあるkw

一般家庭でもっとも多いのは、3kwから4kwです。

 

私の家も3kwですね。
それ以下だと効率が悪く設備投資の金額を回収するのが大変なので、
あまり採用されない数字です。

 

逆に大きすぎると費用がかなりかさみます。
また、屋根の大きさ的にのりきらないこともあるため、
これもあまり一般的ではありません。

 

もう少し幅を持たせるなら、
下は2kwで、
上は5kwと言ったところでしょうか。

 

 

理想的な数値

「何kwのせるか」というのはとても大きな問題で、私も長く考えました。

 

結局初期投資のことを考えて3kwにしたのですが、結論として言えば、
「お金と屋根の広さが許してくれるなら、のせられるだけのせておいた方がいい」
ということになります。

 

kw数を増やせば、それだけ発電量があがりますし、
効率よく変換できるメーカーを選ぶことによって、売電量もあがります。

 

太陽光発電 設置

 

結果的に資金も回収しやすくなるのでオススメです。
特に南側に多くとれるなら、ぜひ採用しましょう。

 

しかし多くのせればのせるほど、初期投資がかさむのも事実。
中には400万円以上というケースもあります。

 

 

「今」のお金か「15年後」のお金か――――
どちらに焦点をあてるかは難しい問題ですが、
資金に余裕があれば、惜しまない方がいいですね。



 

 

私も実際にやった3つのステップでお得な太陽光発電生活♪

太陽光

 

太陽光発電について勉強する

太陽光

まずは、太陽光発電について、ある程度勉強をしましょう。

専門家並に勉強する必要はありませんが、

知識がないと、業者の方の話も理解できないですし、

自分のニーズと合わない工事になることもあります。


太陽光発電の基礎知識は下記で学べます。

『太陽光発電の基礎知識』

 

 

複数の業者に見積もりをとる

太陽光

一通り、知識を学んだと言っても、いきなり業者やメーカーを決めてはいけません。

タイナビなどの無料の一括見積もりサービスで、

必ず複数の業者に見積もりを取っておきましょう。

1社、2社だけで決めてしまうと、絶対に損をしてしまうので、要注意!


見積もりを取るときのポイントは下記ページをチェック

『私がオススメする簡単、お得な見積もり方法』

 

 

見積もりを比較し、業者を選ぶ

太陽光

各業者から見積もりが取れたら、いよいよ業者を決めていきます。

金額だけでなく、総合的に優良な業者を選んでください。


正しい業者の選び方は下記で紹介しています。

『優良な設置業者の選び方』

 

 

 


太陽光発電


ソーラーパートナーズ


※管理人のオススメする完全無料一括見積もりサービス。
※『タイナビ』と『ソーラーパートナーズ』の違いは
コチラの記事をチェックしてください