施工トラブル事例「押し売り」

MENU

人気閲覧ページ

施工トラブル事例「押し売り」

太陽光発電 トラブル

 

設置業者による施工トラブルは意外に多いもの。
後々後悔しないために、先人の経験に学びましょう。
まずは一つ目の施工トラブル事例「押し売り」です。

 

 

経緯

今ほど太陽光発電が盛んではない20年ほど前の話です。

 

とある家族が、石川県に新築一戸建てを建てました。
家主は、「近頃出始めた太陽光発電とはどういうものだろうか」
と設置業者を呼び寄せ、話を聞くことにしました。

 

 

甘い見積もり、帰らない営業

そこで業者が出してきた見積もりは、大変「甘い」ものでした。

 

月に3万円は儲かる、つける費用はたった120万円で済む――――
そんな話です。

 

このようなことは絶対にありえない、と断言することができます。

 

相場との比較

私が現在住んでいる愛知県は比較的日照量が多い地方ですが、
それでも家庭用の太陽光発電装置で月々17000円くらいにしかなりません。
日照量が少なく、更に20年前の技術ということを考えれば、
半額の15000円でも「高く見積もりすぎ」ということになるでしょう。

 

取り付け費用もこれの倍ほどが相場でしょう。

 

食い下がる業者

家主は「おかしい」と気付き、業者を帰そうとしました。
しかし「こちらも見積もりを出すのに人手と時間を割いている。
解約はできない。どうしてもというなら違約金を払え」
と数時間居座り続けました。

 

太陽光発電 業者

結局何とか追い返すことができましたが、
非常に疲れる攻防でした。
なぜ私がここまで詳しく知っているかと言うと、
これは20年前の我が家で
起こった、実際の話だからです。
父はいたく憤慨していました。

 

このように、施工トラブル事例としての「押し売り」は、
言いたくはないのですが、非常に「メジャー」だったりします。



 

 

私も実際にやった3つのステップでお得な太陽光発電生活♪

太陽光

 

太陽光発電について勉強する

太陽光

まずは、太陽光発電について、ある程度勉強をしましょう。

専門家並に勉強する必要はありませんが、

知識がないと、業者の方の話も理解できないですし、

自分のニーズと合わない工事になることもあります。


太陽光発電の基礎知識は下記で学べます。

『太陽光発電の基礎知識』

 

 

複数の業者に見積もりをとる

太陽光

一通り、知識を学んだと言っても、いきなり業者やメーカーを決めてはいけません。

タイナビなどの無料の一括見積もりサービスで、

必ず複数の業者に見積もりを取っておきましょう。

1社、2社だけで決めてしまうと、絶対に損をしてしまうので、要注意!


見積もりを取るときのポイントは下記ページをチェック

『私がオススメする簡単、お得な見積もり方法』

 

 

見積もりを比較し、業者を選ぶ

太陽光

各業者から見積もりが取れたら、いよいよ業者を決めていきます。

金額だけでなく、総合的に優良な業者を選んでください。


正しい業者の選び方は下記で紹介しています。

『優良な設置業者の選び方』

 

 

 


太陽光発電


ソーラーパートナーズ


※管理人のオススメする完全無料一括見積もりサービス。
※『タイナビ』と『ソーラーパートナーズ』の違いは
コチラの記事をチェックしてください