太陽光発電に関する「お金」

MENU

人気閲覧ページ

太陽光発電に関する「お金」

太陽光発電に関する「お金」は、なかなかシビアです。

 

  • 初期費用の相場
  • 売電価格のカラクリ
  • 補助金
  • 減価償却期間
  • ローンの有無
  • 費用を安くあげるための方法

など、誰もが気になる「お金」の記事を集めました。

 

太陽光発電に関する「お金」記事一覧

太陽光発電の見積もりを出そうにも、相場がわからない比較検討しようにも、そもそもの適正価格が不明おおよその数字がわからないと、導入を検討するところまでもいかないそう悩んでいるひとも多いのではないでしょうか。実際私には、この悩みがありました。まったくの手探り状態でしたから、検討するにも大まかな数字が知りたかったのです。「乱暴な」結論~設置費用編メーカーなどを考えず、ものすごくざっくりと乱暴に、「相場を...

「太陽光発電では電気を売ることができるんだよね。じゃあ売電価格はどれくらいなの?」これはとてもシンプルな疑問です。でもこの話、ちょっとだけややこしいんです。2018年度の売電価格2018年度の売電価格は26円に決定しました。1日の発電量は大体9kwですので(愛知県で3kwのパネル・9月で計算)毎日26×9=234円の売り上げになり、30日で7020円となります。ただし、これには二つの「落とし穴」が...

太陽光発電でお金がもらえる、というのを、一時盛んにテレビでやっていましたね。この制度は今も続いています。太陽光発電は環境に配慮したエネルギーであるため、国も積極的にバックアップしています。いくらくらい得をする?「補助金はいくらもらえるのか」。これはとても大きな問題です。 結論から言うと、約20万円くらいでしょうか。ただこれは、都道府県や市町村によって前後しますので、実際にはこれ以上もらえたり、また...

果たして本当に太陽光発電は得か――――減価償却期間を考えたい、というひともいるでしょう。ここでは実際の例をあげつつみていきます。実際の例我が家の場合、約200万円で太陽光発電を導入しました。かつ導入が2012年なので、売電価格は42円の時期です。ただしここでは、より現状に即した状態で計算するために、2013年の「売電価格38円」を採用しましょう。9月の愛知県の発電量が大体270kwです。買取価格と...

太陽光発電はかなり高いです。前の記事でも述べましたが、大体200万円前後かかります。これを一括で払うのはなかなか骨の折れることです。では、ローンは組めるのでしょうか?ローンは可能「ローンを組めるか組めないか」という疑問だけに単純に答えるなら、「組める」という答えになります。どこのメーカーでもきちんと相談に応じ、プランを提示してくれるでしょう。新築物件なら、住宅ローンに事実上上乗せする、という形にな...

太陽光発電は高価だから、費用を安くあげる方法を知っておきたいですね。その方法を見ていきましょう。正攻法でいくなら比較検討正攻法でいくなら、やっぱり比較検討が一番です。この方法による効果は非常に大きく、当初の概算よりも50万円近く安くあげることができた、という例もあります。太陽光発電メーカーにしても、まったく注文が入らないより、わずかでも儲けがあった方がいいですから、大幅にダンピングしてくるケースも...

私も実際にやった3つのステップでお得な太陽光発電生活♪

太陽光

 

太陽光発電について勉強する

太陽光

まずは、太陽光発電について、ある程度勉強をしましょう。

専門家並に勉強する必要はありませんが、

知識がないと、業者の方の話も理解できないですし、

自分のニーズと合わない工事になることもあります。


太陽光発電の基礎知識は下記で学べます。

『太陽光発電の基礎知識』

 

 

複数の業者に見積もりをとる

太陽光

一通り、知識を学んだと言っても、いきなり業者やメーカーを決めてはいけません。

タイナビなどの無料の一括見積もりサービスで、

必ず複数の業者に見積もりを取っておきましょう。

1社、2社だけで決めてしまうと、絶対に損をしてしまうので、要注意!


見積もりを取るときのポイントは下記ページをチェック

『私がオススメする簡単、お得な見積もり方法』

 

 

見積もりを比較し、業者を選ぶ

太陽光

各業者から見積もりが取れたら、いよいよ業者を決めていきます。

金額だけでなく、総合的に優良な業者を選んでください。


正しい業者の選び方は下記で紹介しています。

『優良な設置業者の選び方』

 

 

 

タイナビ

太陽光発電

 

ソーラーパートナーズ

太陽光発電と蓄電池の比較・一括見積サイト ソーラーパートナーズ


※管理人のオススメする完全無料一括見積もりサービス。
※『タイナビ』と『ソーラーパートナーズ』の違いは
コチラの記事をチェックしてください