売電価格はどれくらい?

MENU

人気閲覧ページ

売電価格はどれくらい?

太陽光発電 売電

 

「太陽光発電では電気を売ることができるんだよね。
じゃあ売電価格はどれくらいなの?」
これはとてもシンプルな疑問です。
でもこの話、ちょっとだけややこしいんです。

 

 

2018年度の売電価格

2018年度の売電価格は26円に決定しました。

1日の発電量は大体9kwですので(愛知県で3kwのパネル・9月で計算)
毎日26×9=234円の売り上げになり、30日で7020円となります。
ただし、これには二つの「落とし穴」があります。

 

 

電気は余剰分しか売れない

まずは一つ目。

 

「電気は余剰分しか売れない」ということです。

 

太陽光発電 売電

つまり、電気を毎月240kw消費していれば、
270kw(30×9kw)―240kw=30kwで、
30Kw分しか売れないというわけ。

 

ただ、「家での電気料が無料になった上で、現金収入も入る」
ということにはかわりがありません。
(使用電力>発電量になったら、出た分だけ請求されます)

 

尚、「相場を知りたい」で紹介した売値に関しては、
「無料になった電気料金+現金収入」の総合価格です。

 

 

売電価格は10年保証
もう一つのポイントとしては、「売電価格は10年保証」ということです。

 

2017年度の売電価格は、1kw28円でした。
2017年度に導入したひとは、2018年度になって売電価格が下がっても、
このときの価格が10年間保証されます。

 

つまり2017年の3月に導入したひとは、
2016年度の売電価格の1kw31円で、10年間売電できます。

 

しかし2017年の4月に導入したひとは、
28円で10年間売電することになります。

 

導入時期 10年間の売電価格
2017年3月~ 31円
2017年4月~ 28円

 

太陽光発電の導入は早いほどお得!

売電価格は毎年下がっていっているので、早めの導入をおすすめします。
引き続き、1日の発電量は大体9kwと想定すると、以下のように、
現金収入の見込みは、早ければ早いほど得られることが分かります。

導入時期

売電価格

月々の現金収入

10年間の現金収入

2017年4月~

28円

7,560円

907,200円

2018年4月~

26円

7,020円

842,400円

2019年4月~

24円

6,480円

777,600円

※電気の使用量は含めず計算しています

 

いかがでしょう?

 

2018年度内に申し込んでおけば、10年間で842,400円の収入が見込めますが、
2019年度だと、777,600円になってしまいます。
つまり、やることは同じなのに、導入するタイミングが違うだけで、
64,800円も損してしまうんです。

 

64,800円もあれば、家族で旅行にもいけますし、
エアコンや洗濯機等、家電の買い替えにも充てられます。
下手な節約をするよりも、よっぽど経済的なんですね。



 

 

私も実際にやった3つのステップでお得な太陽光発電生活♪

太陽光

 

太陽光発電について勉強する

太陽光

まずは、太陽光発電について、ある程度勉強をしましょう。

専門家並に勉強する必要はありませんが、

知識がないと、業者の方の話も理解できないですし、

自分のニーズと合わない工事になることもあります。


太陽光発電の基礎知識は下記で学べます。

『太陽光発電の基礎知識』

 

 

複数の業者に見積もりをとる

太陽光

一通り、知識を学んだと言っても、いきなり業者やメーカーを決めてはいけません。

タイナビなどの無料の一括見積もりサービスで、

必ず複数の業者に見積もりを取っておきましょう。

1社、2社だけで決めてしまうと、絶対に損をしてしまうので、要注意!


見積もりを取るときのポイントは下記ページをチェック

『私がオススメする簡単、お得な見積もり方法』

 

 

見積もりを比較し、業者を選ぶ

太陽光

各業者から見積もりが取れたら、いよいよ業者を決めていきます。

金額だけでなく、総合的に優良な業者を選んでください。


正しい業者の選び方は下記で紹介しています。

『優良な設置業者の選び方』

 

 

 

タイナビ

太陽光発電

 

ソーラーパートナーズ

太陽光発電と蓄電池の比較・一括見積サイト ソーラーパートナーズ


※管理人のオススメする完全無料一括見積もりサービス。
※『タイナビ』と『ソーラーパートナーズ』の違いは
コチラの記事をチェックしてください