減価償却期間を考えたい

MENU

人気閲覧ページ

減価償却期間を考えたい

太陽光発電 費用

 

果たして本当に太陽光発電は得か――――
減価償却期間を考えたい、というひともいるでしょう。
ここでは実際の例をあげつつみていきます。

 

 

実際の例

我が家の場合、約200万円で太陽光発電を導入しました。
かつ導入が2012年なので、売電価格は42円の時期です。
ただしここでは、より現状に即した状態で計算するために、
2013年の「売電価格38円」を採用しましょう。

 

太陽光発電 売電

 

9月の愛知県の発電量が大体270kwです。
買取価格と売電価格は違いますが、前にも述べたとおり、
大体毎月光熱費タダ+現金収入で、15000円前後浮きます。
つまり、1年で約18万円くらいの「儲け」ですね。

 

200÷18=11.1。

 

つまり、減価償却期間は11年くらいである、ということです。

 

 

計算式の基準

私は24時間家にいるため、
エアコンはほぼフル稼働+パソコン2台使いを12時間以上、
という節電とは正反対の生活をしています。
これでこの期間になるのですから、気をつけているひとや
日中会社にいる、というひとの場合もっと早く返し終わるでしょう。

 

太陽光発電 売電

 

太陽個発電メーカーは、
最低10年の保証期間をつけています。
かつパネルの耐用年数も20年~30年とされていますから、
この期間内にプラスに転じさせることも
決して不可能ではありません。

 

12年目をすぎたあたりから、
純然たる「儲け」になるのは
かなりありがたいですね。
減価償却期間はあとどれくらいか、
を考えながら節電するのも楽しいかもしれません。



 

 

私も実際にやった3つのステップでお得な太陽光発電生活♪

太陽光

 

太陽光発電について勉強する

太陽光

まずは、太陽光発電について、ある程度勉強をしましょう。

専門家並に勉強する必要はありませんが、

知識がないと、業者の方の話も理解できないですし、

自分のニーズと合わない工事になることもあります。


太陽光発電の基礎知識は下記で学べます。

『太陽光発電の基礎知識』

 

 

複数の業者に見積もりをとる

太陽光

一通り、知識を学んだと言っても、いきなり業者やメーカーを決めてはいけません。

タイナビなどの無料の一括見積もりサービスで、

必ず複数の業者に見積もりを取っておきましょう。

1社、2社だけで決めてしまうと、絶対に損をしてしまうので、要注意!


見積もりを取るときのポイントは下記ページをチェック

『私がオススメする簡単、お得な見積もり方法』

 

 

見積もりを比較し、業者を選ぶ

太陽光

各業者から見積もりが取れたら、いよいよ業者を決めていきます。

金額だけでなく、総合的に優良な業者を選んでください。


正しい業者の選び方は下記で紹介しています。

『優良な設置業者の選び方』

 

 

 

タイナビ

太陽光発電

 

ソーラーパートナーズ

太陽光発電と蓄電池の比較・一括見積サイト ソーラーパートナーズ


※管理人のオススメする完全無料一括見積もりサービス。
※『タイナビ』と『ソーラーパートナーズ』の違いは
コチラの記事をチェックしてください