太陽光発電のデメリット

MENU

人気閲覧ページ

太陽光発電のデメリット

太陽光発電 デメリット

 

「太陽光発電をいれたい」
「太陽光発電にはメリットがたくさんあるようだ」
「新築の家にはぜひいれたい」

 

と思い込んでいると、
太陽光発電のデメリットにはなかなか目がいかなくなってしまいます。

 

しかしこの「デメリット」は、ある意味メリット以上に大切なもの。
太陽光発電のデメリットも確認しておきましょう。

 

 

3つのデメリット

経済的な理由

 

あえて「メリット」と同じ表題でとりあげる「経済的な理由」。

 

再三述べているように、導入には多額の初期投資が必要になります。

 

太陽光発電 お金

既存の住宅につけるケースも増えていますが、
やはり多いのは新築物件につけるケースでしょう。
この場合、家のローンや頭金に加えて、
太陽光発電の費用も必要になります。

 

 

では既存の住宅に入れるほうがいいか? 
これも難しい問題です。
私の友人は既存の住宅に導入したのですが、
新築物件に入れるときよりも
2割ほど割高だったと言っていました。

 

 

メンテナンス

もう一つ大きな問題が「メンテナンス」。
ご年配の方が忌避する理由がこれでした。

 

もしも台風で吹き飛んだら?

固いものがあたって割れてしまったら?

家が傷むのが心配。

 

太陽光発電 メンテナンス

このような懸念が付きまといます。

 

もっとも正規メーカー、特に信頼のおけるメーカーの場合、
このような不安を解消してくれるような商品を提供しています。
しかし心理的な抵抗感はなかなかぬぐえません。

 

 

外観の問題

 

もう一つは外観の問題ですね。
いわゆる「三角屋根」は効率がいいのですが、パネルがとても目立ちます。

 

現代的な外見ならまだいいのですが、
南欧などをイメージした家の場合、かなり悪目立ちします。



 

 

私も実際にやった3つのステップでお得な太陽光発電生活♪

太陽光

 

太陽光発電について勉強する

太陽光

まずは、太陽光発電について、ある程度勉強をしましょう。

専門家並に勉強する必要はありませんが、

知識がないと、業者の方の話も理解できないですし、

自分のニーズと合わない工事になることもあります。


太陽光発電の基礎知識は下記で学べます。

『太陽光発電の基礎知識』

 

 

複数の業者に見積もりをとる

太陽光

一通り、知識を学んだと言っても、いきなり業者やメーカーを決めてはいけません。

タイナビなどの無料の一括見積もりサービスで、

必ず複数の業者に見積もりを取っておきましょう。

1社、2社だけで決めてしまうと、絶対に損をしてしまうので、要注意!


見積もりを取るときのポイントは下記ページをチェック

『私がオススメする簡単、お得な見積もり方法』

 

 

見積もりを比較し、業者を選ぶ

太陽光

各業者から見積もりが取れたら、いよいよ業者を決めていきます。

金額だけでなく、総合的に優良な業者を選んでください。


正しい業者の選び方は下記で紹介しています。

『優良な設置業者の選び方』

 

 

 


太陽光発電


ソーラーパートナーズ


※管理人のオススメする完全無料一括見積もりサービス。
※『タイナビ』と『ソーラーパートナーズ』の違いは
コチラの記事をチェックしてください