耐用年数はどれくらい?

MENU

人気閲覧ページ

耐用年数はどれくらい?

太陽光発電 耐用年数

 

耐用年数はどれくらいか。
この質問に答えるのはとても難しいです。

 

太陽光発電は10年20年30年40年とつきあっていくもの。
その間に地震や台風が起こることもありますし、
周囲の環境によって大きく変わるからです。

 

 

取替え確率

以前の記事でも述べましたが、太陽光発電設置10年以内に
修理や取替えが必要になる世帯数は、全体の13パーセントくらいです。

 

太陽光発電 耐用年数

私はこの数字を知ったとき、
「え、こんなに多いの?!」と思いました。
まさか全体の1割を超える数だとは思っていなかったからです。
これは「耐用年数」とは違いますが、覚えておくべき数字と言えます。

 

専門家に聞いたところ、
「20年でも30年でももつけれど、
業者として胸を張って自信を持って『大丈夫』と明言できるのは、
15年くらい。でも30年くらいは働くよ」とのことでした。

 

 

保障期間

耐用年数を考えるとき、必ず話題に上るのが「保障期間」です。
太陽光発電は法律によって最低10年の保証期間が定められています。

 

でも、ここでこう思うひともいるでしょう。

 

 

「10年? 20年とか25年とか聞いたけど」

 

この疑問はもっともです。

 

 

実は太陽光発電には「二つの保証」があるんです。

 

太陽光

 

周辺機器の保証

まず一つ目は周辺機器の保証。これが「10年」の方です。
9割以上のメーカーが10年で区切っていますね。

 

モジュールの出力保証

次はモジュールの出力保証。これが「20年、25年」の方です。
太陽光発電装置は年々効率がおちていきますが、この保証は、
「この年数の間は、公称出力数の、
80パーセント~90パーセントの出力があることを保証します」
というものです。

 

これ以下になると取り変えてくれる、ということです。



 

 

私も実際にやった3つのステップでお得な太陽光発電生活♪

太陽光

 

太陽光発電について勉強する

太陽光

まずは、太陽光発電について、ある程度勉強をしましょう。

専門家並に勉強する必要はありませんが、

知識がないと、業者の方の話も理解できないですし、

自分のニーズと合わない工事になることもあります。


太陽光発電の基礎知識は下記で学べます。

『太陽光発電の基礎知識』

 

 

複数の業者に見積もりをとる

太陽光

一通り、知識を学んだと言っても、いきなり業者やメーカーを決めてはいけません。

タイナビなどの無料の一括見積もりサービスで、

必ず複数の業者に見積もりを取っておきましょう。

1社、2社だけで決めてしまうと、絶対に損をしてしまうので、要注意!


見積もりを取るときのポイントは下記ページをチェック

『私がオススメする簡単、お得な見積もり方法』

 

 

見積もりを比較し、業者を選ぶ

太陽光

各業者から見積もりが取れたら、いよいよ業者を決めていきます。

金額だけでなく、総合的に優良な業者を選んでください。


正しい業者の選び方は下記で紹介しています。

『優良な設置業者の選び方』

 

 

 


太陽光発電


ソーラーパートナーズ


※管理人のオススメする完全無料一括見積もりサービス。
※『タイナビ』と『ソーラーパートナーズ』の違いは
コチラの記事をチェックしてください